後期高齢者医療保険について

後期高齢者医療保険は平成20年度から高齢者の医療保障制度として始められました。対象者は75歳以上の人と65~74歳の一定の障害のある人が対象とされ、運営に必要な費用は本人が1割・現役世代4割・税金(公費)で5割の負担で運営されている医療保険です。これが「保障料部分」です。運営は「地方自治法」に定められた「県別後期高齢者医療広域連合」が保障証の発行・保障料の決定・医療を受けたときの給付等を行いますが、窓口は各市町村で申請・受付・相談・保障証の交付・保障料の徴収等の業務を行います。実際に病院などにかかった時の自己負担は、市町村民税の課税所得が145万円以上の世帯の人は3割、その他の人は1割負担です。これが「医療費負担部分」です。

後期高齢者の給付について

後期高齢者医療保険は平成20年度から始まった制度で、公費(国・県・市町村)50%、現役世代40%、高齢者10%の負担金を高齢者の医療給付の財源とすることで発足しました。平成21年度に至り高齢者を75歳加入とする点で異論が出て、この制度廃止の方針が決まりましたが、そのごのことが全く決まっていないので其の侭延長されている医療保険です。この制度の運営は各県の高齢者医療広域連合が県内各市町村と協力して行われ、窓口は各市町村担当部署となっています。受けられる医療給付は、通常医療・入院時の食事代・高額療養費などです。保障料は均等割額と所得割額とからなっていて広域連合の条例で定められます。

お知らせ

2016-04-27 保険の無駄を相談が追加されました。
2013-03-19 安心のための医療保険が追加されました。
2013-03-19 自分に合った医療保険が追加されました。
2013-03-19 医療保険の例外を知るが追加されました。
2013-03-19 トップページが追加されました。

高齢者の医療保険の情報

  • 保険の無駄を相談