医療保険が使えない例外

風邪をひいてしまったり、けがをしてしまったりなどをすべての人が経験したことがあるだろう。ほとんどの人がそういった場合病院に行くであろう。病院で診察してもらったらお金を払うが、あまり高いお金は払わないはずだ。なぜなら、ほとんどの人が医療保険に入っているからである。保障があるから安心して病院に行くことができるのであるが、使えない例外がある。例えば、交通事故に遭ってしまいけがをしたが、加害者と示談した場合である。示談せず普通に手続きをすれば保障は適用される。しかし、示談をして示談金をもらってしまったら、その示談金には医療費も入っていることになってしまい、医療保険が適用されなくなってしまうのである。なので、簡単に示談しないことをおすすめする。

適用の例外に注意して!

医療保険に入会する時には、保障の適用ができなくなる例外項目について注意することが必要です。せっかく医療保険に入って安心していたのに、いざという時には例外ということで保障金を受け取れなかったということはよくある話なので、決して他人事だと思わない方がいいです。契約書をよく読み、何が適用から外れているかを確認しましょう。自分にとって、最も重要な項目が保障の適用とならないのならば、その保障に加入する意味がなくなってしまうからです。特に危険度の高いスポーツなどをする人は、そのスポーツによる怪我は保障対象外という場合も多いので注意が必要です。

高齢者の医療保険の情報

  • 保険の無駄を相談